日本アマチュア歌謡祭

日本アマチュア歌謡祭とは…

第27回 日本アマチュア歌謡祭

 

 数あるアマチュア歌唱コンクールの中でも、その規模と歌唱レベルの高さでカラオケファンから「夢のステージ」と称されている「日本アマチュア歌謡祭」は、NAKの年間最大イベントで、どなたでもご応募いただけます。

 

 「グランプリ大会」は、毎年5月に東京・メルパルクホール(1500名収容)で開催される、伝統と権威を誇る“アマチュア歌手日本一”を決める大会。国内はもとより海外からの出場者が、栄冠を目指し自慢の歌声を競い合います。応募概要は3部門<初級・中級・グランプリ大会>あります(詳細は下段をご参照ください)。グランプリ大会の審査には、現役の各レコード会社のトップ・ディレクターがあたり、好評を博しております。又、司会はお馴染みの夏木ゆたか氏、玉利かおる氏。貴方も是非、挑戦してみては如何ですか!?

 

第32回日本アマチュア歌謡祭は無事に終了しました!

~歌謡祭・完全レポートはソングブック7月号(6月27日発売)に掲載されています~

※次回(第33回大会)の詳細は決定次第、ソングブック本誌に掲載します。

※一般からも応募可能な歌謡祭テープ審査詳細は、ソングブック11月号(10月発売)に掲載予定。

 

第32回日本アマチュア歌謡祭、入賞者
☆グランプリ 鍬野邦男(59歳)
『艶歌船』
☆最優秀歌唱賞 渡辺美代子(66歳)
『金糸雀~カナリア~』
☆部門別グランプリ
ゴールドⅡ部門
〜75歳以上
瀧川静夫(81歳)
『テルテル坊主』
ゴールドⅠ部門
〜70~74歳
斉藤藤正(71歳)
『酒田港』
シルバーⅡ部門
65〜69歳
秋月和美(66歳)
『南部酒』
シルバーⅠ部門
60〜64歳
鯨井恵子(64歳)
『人形(おもちゃ)』
ブロンズ部門
〜50歳代
秀 道晴(54歳)
『冬恋かなし』
ヤング・アダルト部門
〜40歳代
柴田寛博(49歳)
『てっぺん』
☆審査員特別賞 伊藤藤吉(81歳)
『雪舞い津軽』

作山百合子(70歳)
『われとわが身を眠らす子守唄』

金﨑雄一(66歳)
『母きずな』

柏木きみ子(63歳)
『追憶の愛炎』

梁木 忍(50歳)
『あなたと生きたい』

三津谷有華(35歳)
『夜明けの翼』

 

ミドル(中級)大会 ジュニア(初級)大会

金賞 上段玉枝(67歳)
    『ひえつき望郷歌』

銀賞 広岡幸江(68歳)
    『哀愁港』

銅賞 妹尾敏子(68歳)
    『曼珠沙華』

金賞 棟近陽子(53歳)
    『冬のひまわり』

銀賞 石井武晴(52歳)

   『潮騒』

銅賞 有井マス子(68歳)
    『一声一代』

 

各地で予選会が開催中!

大会優勝者は、アマチュア歌謡祭への出場権を獲得することが出来ます。
もちろん一般の方も参加可能な大会です。
奮ってご参加下さい!

2017年第33回日本アマチュア歌謡祭 地区予選会一覧
     
開 催 日 大会名 地区 主催
2016年
7月 2日(土) 第7回湘南アマチュア歌謡祭 南関東 湘南支部
7月30日(土) 第14回東京グランプリ 東京 品川支部      
8月27日(土) 第1回東海アマチュア歌謡祭(仮称 東海 浜松中央支部
9月18日(日) 第6回大阪歌謡グランプリ 近畿北陸 南大阪支部
9月予定 第8回杜の都仙台歌謡祭 北陸 仙台南支部
9月24日(土) 第21回NAK歌謡グランプリ足立大会 東京 足立支部
9月25日(日) NAK歌謡大賞決勝大会 四国 愛媛新居浜支部
10月予定 第4回みなとみらい歌謡グランプリ 南関東 みなとみらい横浜支部
10月23日(日) 九州・沖縄地区決勝大会※1 九州・沖縄 九州沖縄連合
11月6日(日) 第6回阿波うず潮歌謡祭 四国 阿波徳島支部
11月13日(日) 第20回サザンセト歌謡グランプリ 中国 山口東部支部
12月予定 第11回びわこアマチュア歌謡祭 近畿北陸 滋賀びわこ支部
2017年
1月21日(土) 第20回千葉アマチュア歌謡祭 北関東 千葉市中央支部

※1「九州・沖縄地区決勝大会」の応募資格は、九州・沖縄地区在住の方のみです。

個人情報取扱について

お客様よりいただいた個人情報は当社で厳重に管理し、第三者に開示、提供されることはございません。またその使用目的は入会、当社イベントにかかわる作業のみに使用させていただきます。