NAK 級別歌唱コンクール

NAK 級別歌唱コンクールとは・・・

 級の認定を受けている方(既得級のある方)が参加できるテープ審査による大会。ただし、級のない方も応募料金に仮認定料を加算すれば参加できます。

 

 この大会はクラス毎に審査されますので、①実力差がなく他の大会に比べて賞が取り易いというコンクール的要素と、②自分自身との戦い~昇級試験の要素を兼ねています。

 

 

 

 

 

 

級別歌唱コンクール概要
応募資格 NAK会員で、本大会はじめ本部主催の公式認定会、入会時の無料認定を受けた方および仮認定を受けた方に限ります。
部  門

①3級以上 ②4級 ③5級 ④6級 ⑤7級以下 

※①~⑤各部門ごとに審査します。
上記の各部門ごとに… 優勝、準優勝、第三位、優秀歌唱賞、敢闘賞
審  査

NAK本部名誉講師

※級をお持ちでない方は、応募締切前までに「仮認定」(1,080円)を受けて下さい。
応 募 料 1曲につき3,200円(ゴールド会員は1,600円)
応募&お問合せ先
日本アマチュア歌謡連盟(NAK) 本部事務局 「級別歌唱コンクール」 係

〒101-8424 東京都千代田区神田神保町2-7-3 神保町NKビル10F
TEL : 03-3262-2133 / FAX : 03-3264-5032

歌唱力認定「級」とは?
審査項目

音程感覚・リズム感覚・発声・発音・表現力・節回しの6項目を中心にし、これに+アルファー(音色、個性、生うたの際は視覚的要素など)を加えて採点。

 

1級 即プロとして通用する歌唱力と個性の持ち主。
2級

「日本アマチュア歌謡祭」の常連クラス。5項目をクリアーし、特に表現力に優れる。

3級 NHKのど自慢で鐘3つをならせる実力。NAKの大会でいえば、「日本アマチュア歌謡祭」のグランプリ大会に出場してもおかしくない歌唱力の持ち主と言えましょう。音程、リズム、発声の基本3項目が安定し、その上表現力・節回しにも優れていると判定されます。
4級

地方の大会で上位を争える方。「日本アマチュア歌謡祭」のグランプリ大会にも、選曲によっては出場可能な実力の持ち主。音程・リズム・発声の基本3項目+発音をほぼマスター。表現力の勉強が課題。

5級 カラオケ店の大会や小規模なカラオケ大会での入賞の常連。「日本アマチュア歌謡祭」の地区予選会では、テープ審査で合格する実力を持っています。ただし、基本3項目のうち1つに難点があり、全体的にやや安定感を欠くところもあります。
6級 基本3項目(音程・リズム・発声)のうち1項目で更なる努力が必要です。
7級 基本2項目に更なる努力が必要です。
8級 上記3項目いずれも基本トレーニングを要する。